医療の現場から安全・安心の「ふるさと埼玉」をめざす。

衆議院議員三ッ林ひろみ衆議院議員
三ッ林ひろみ

自民党新聞局次長、自民党埼玉県第14選挙区支部長自民党新聞局次長、
自民党埼玉県第14選挙区支部長

活動報告

活動報告

2012年1月24日

健康相談会

test2-005

最近は寒さが一段と厳しくなり、昨日は地元でも雪が降り積もりました。寒い中で無理をすると血圧が急激に上昇し、心筋梗塞、脳梗塞など重大な疾患をひきおこします。決して無理をせず、体を温めてから少しづつ体を動かすように心がけて下さい。また普段からの食事・運動・睡眠などのバランスを心掛けることが肝心です。

test1-005

さて昨日は地元で「放射線被ばくと災害医療」について講演しました。国が明確に放射能の安全基準を決めないため自治体に混乱を生じさせる問題や風評被害で苦しむ日本の農業全体に対しても私の考えを述べさせて頂きました。また一部のマスコミによる不安を誘発するような報道も問題でありました。災害時において、「冷静な対応と行動ができ、国民に適切な方向性を示せる勇気と信念の政治」が必要です。

このページのトップへ