医療の現場から安全・安心の「ふるさと埼玉」をめざす。

衆議院議員三ッ林ひろみ衆議院議員
三ッ林ひろみ

自民党新聞局次長、自民党埼玉県第14選挙区支部長自民党新聞局次長、
自民党埼玉県第14選挙区支部長

活動報告

活動報告

2012年5月14日

みつばやしひろみへの応援

test2-010

5月13日、地元に日頃からご指導頂いております町村信孝元内閣官房長官より応援に来て頂きました。初めに自由民主党幸手支部の総会から町村代議士で講演を頂きました。続いて庄和地区自民党支部総会、松伏町自民党支部総会、吉川市自民党支部総会にそれぞれ出席しました。

最後に若手を中心とする「三ッ林ひろみと日本の未来を変える会」を本吉川公民館で開き、町村信孝元内閣官房長官に講演を頂きました。

町村代議士の講演では民主党政権の外交問題の失敗、「税と社会保障制度」の民主党内での歩調の悪さ、震災後の原発の対応の悪さなどを指摘。このまま民主党に政権運営を任せられないと訴えておりました。
三ッ林ひろみはこれまで29年間医療に従事してきました。私は医療を中心に地域防災の在り方、医療施設の充実に取り組んで参りたいです。

町村代議士から熱い応援を頂き、感謝で胸が熱くなりました。
三ッ林ひろみ、次の衆議院議員選挙は必死に闘いますことをみなさまにお誓いします。どうぞご支援よろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ